にえとの

DNG所属、日本初のスマブラ4のプロスマブラー。イケメン
したらばのアイドルである。
愛称は『とのさん』。
負けると不貞腐れることに目を瞑ればスマブラーの中でもトップレベルの心の広さを持つ。(明らかに変なアカウントからのクソリプにも丁寧な返信を送る・どっかのハゲに布団にゲロを吐かれても許す など)
ただし、試合に負けた時の面倒臭さはスマ界トップレベル。(ウメブラJMでリーマに負けて敗退したときのコントローラー下投げやtakeraとの10先配信で完敗したときの不貞腐れた態度、配信での相手批判など)

これまでの軌跡

X

後期になると世界最強のピクミン&オリマー使いになるまで成長し、9Bおおとりと並ぶ日本の最上位プレイヤーとして活躍した。末期には電撃FCやP4Uといった別の格ゲーにも手を出し、電撃FCでは好成績を残している。

4

スマブラ4初期はゲッコウガで覇権を握り、スマブラ4プレイヤーでは初のプロ契約を結ぶも、その後はゲッコウガの弱体化や、仕事の忙しさ等により成績が低迷。練習不足を解消するためにそれまでの仕事を辞め、DNGトップ・梅崎と日本スマブラーで初のフルタイム契約をしスマブラに専念するが、それでも成績は奮わず、収入減により昼飯を抜くほど貧窮し、海外はおろか、地方遠征すらままならないほどの危機的状況・負のスパイラルに陥っていた。

その後は結局フルタイムを辞めて仕事とスマブラの両立に戻り、FILIPら大勢のスマ勢とシェアハウスをする等したことで、金銭面の問題はやや緩和され、更に遅れてDNGに所属したRainのマネジメントや、オフスレ民の食料援助ところころ変わるアドバイスにより、徐々に復活していった。

ゲッコウガの弱体化以降は迷走していたメインキャラも、最終的にはシークとディディーのダブルメインに定まった。

SP

ピチュー単メインで活動中。ウメブラSP3で優勝する等の好成績を残しているが、ピチューが前作のシーク同様に脆いせいで相変わらず成績は安定はしていない。ピチューの性能を心の底から気に入っているというわけではなく、DLCやアプデでもっとハマれるキャラが現れてくれることを願っている。

アイテム有りの公式大会では切り札の性能が最強格で旧メインのディディーコングを主に使っている。

ver3.1.0アップデートによりピチューがVoiDにえとの含めほとんどのピチュー使いが捨てるはめになるほどの超大幅弱体化受ける。forの時と同様にまたメインキャラが迷走することになりそうだ。

試合中のとのさん

普段は深い知識と鋭い考察力で構築した対戦理論とそれを実践する高い操作精度が魅力で、そのため「スマブラの教科書」と呼ばれている。しかし、ひとたび壊されたり復帰ミスをすると、メンタルが著しく崩壊し、態度や表情がとても険しくなる。俗に言う「萎えとの」である。この状態になるとミスを頻発するようになる。

対戦の合間にカルピスの原液を飲むことがある。膨大な糖分が瞬時に補給され脳が覚醒する。しかし親から止められたので、勝ちたいとき以外は飲まないようにしている。寿命を削っている自覚はあり、飲むときにはハンターハンターのゴンさんに自分を重ねて、「もうこれで終わってもいい」という気持ちで飲んでいる。

「無限の負け筋を持つ男」と呼ばれており、本当にどんな状況からでも負ける。
崖外で空前と跳魚、どちらを出すか迷った結果、空下が出て急降下していき自滅した話はあまりにも有名。
他にも、同時吹っ飛びで相手が星になり、とのさんは何もしなければギリギリ生存できていたのに、横Bを出して吹っ飛びを加速させて死亡したことや、明らかにガードがないのにリンクの横強をガードしてしまい、シールドブレイクしたところに横スマをブチ込まれて逆転負けするなど、視聴者の予想を遥かに上回る負け方をして、その度に萎えとのになっている。
それらの動画は下記の「とのさん逆転負け集」や、動画クリップにあり。
最近はにえとのの対戦相手が自滅することも多く「無限の負け筋を押し付ける男」になってきた。

2017年末、多くの人が仮想通貨バブルで大儲けをしているところへ便乗してビットコインに手を出すも、ここでも唯一の負け筋を掴んで全財産を失うというリアル自滅をしてからは(詳細は下記)、復帰ミスしたり壊されることが減り、更にはそうなったとしても「萎えとの状態」になることがほぼ無くなった。リアルで極限まで己を追いつめたことでメンタルが強化されたことが窺える。「メンタルの弱さが唯一にして最大の欠点」と言われていただけに、それを克服した彼の今後の活躍は期待されている。既に、その直後のウメブラ、スマバトのどちらでもTOP3以内に入っている。

普段のとのさん

カルピスが大好きで、時には原液のまま美味しく飲んでしまうほど。スポンサーである大塚食品の炭酸飲料matchにもお熱。

DNG入り後は、スポンサーの都合でしばらくOPENRECで配信を行っていた。しかし何故か任天堂の圧力によってOPENRECでのスマブラ配信はドネーションができないようになっており、これが彼の貧窮に拍車をかけていた。しかしあるとき「他人の配信にゲストとして登場している形をとればOPENREC以外でも配信できる」という抜け道に気づくと、手始めにFILIPの配信を利用。今はYouTubeの「すま宿」アカウントを利用して配信をしている。

定期的に行うすま宿配信では、主にFILIPと共に軽快なトークでオフスレ民を楽しませる。とのさんのトーク力はとても高く、FILIPが聞き役に徹しているためさらに話が盛り上がるのだ。スマブラについて語っているときの彼は博識で理路整然としており、極めて知的な印象を受ける。しかし、スマブラ以外の事となると、後述の「博多は北海道」に代表されるように、一般常識が欠落している馬鹿とのっぷりを露呈し、人々を不安にさせる。スマブラ特化型人間なのだ。

amazonの欲しいものリストを公開しており、OPENRECに囚われていたときはこれが唯一の援助の受け入れ口だった。リストに並んでいる物が全て飲食品であるところが涙を誘う。しかもジュースや冷凍ほうれん草やペヤングといった貧乏くさいものしか無い。同じく欲しいものリストを公開しているあばだんごは自己啓発やビジネスの本など意識の高いものを並べており、それとは大違いである。

とのさんとビットコイン

ソース: clipブログ

2017年末、多くの人が仮想通貨バブルで大儲けをしている様子を見たとのさんは、貧乏生活から脱出すべくブームに便乗。いつか海外勢を招待するために使うべくそれまで一切手を付けてなかった海外大会の賞金を元手に、レバレッジを高めに?設定して臨んだ。しかしここでも唯一の負け筋を掴んでしまい、海外大会の賞金分どころか全財産を持っていかれてしまった。一方そのころ、アユハあばだんごは普通に仮想通貨取引で大儲けしていた。

なお、EVOに行くたびに訪れているカジノでも毎回大敗している。とのさんのギャンブルのセンスの無さが窺える。

EVO 2018

「とのさんは大器晩成型」というネタが現実になった大会。

新作の発売を4か月後に控え、恐らくスマブラ4最後のEVOとなるであろうEVO 2018。
にえとのは始めは参加する気は無かったが、配信のチャット民などに担がれると一転して参加を決意。しかし、過去に参加したEVOの戦績は全て凄惨であり(257th、65th、33rd)、更に最近は上述のビットコイン破産マジックの効果が切れて以前のように成績が低迷しており、1週間前のウメブラではなんと65thという結果に終わっていた彼が、EVOでも面白バーストを見せてくれることを期待する者はいても、好成績を予想する者はほぼ皆無だった。

1日目はさすがに難無く通過するも、2日目でKiという無名に負けトーナメントは敗者側からのスタートとなり、したらばは早くも呆れムードに。ところがそこから怒涛のルーザーズランを繰り広げ、CharliedakingしゅーとんFallnら強豪を倒すという快挙でなんとTOP8に進出。彼のそれまでのEVO最高成績を大きく更新した。無名に負けた後のにえとのは徹底したリスク管理と高い操作精度で一切の隙を見せず、まるでかつて世界最高のプレイヤーの1人とされていた2012-2014年の頃のようであった。

決勝トーナメントでも強さが揺らぐことは無く、ちょこを倒して最後の日本人となり、更にMr.Eを倒しTOP4に進出した。これにより残っているプレイヤーがにえとのとベヨネッタ3人(LimaCaptainZackMistake)となり、ツイッター上ではにえとのがベヨネッタ軍団に立ち向かうという構図のクソコラが大量生産された。

そして敗者側準決勝の相手は世界ランク6位のノリにノっているMistake。普段の対ベヨネッタの練習相手が、今回プール落ちしたRainと、JPR圏外のあかぶちくらいしかいないことが不安視されていた。更に、長いルーザーズランにより誰よりも多くの対戦をこなし、カルピス原液ドーピングによる元気の前借りの回数も累積していたため、体力面の心配もあった。しかし、始まってみると冷静でキレのある立ち回りで終始圧倒。Mistakeの相変わらずの執拗なアピールでの挑発も全く意に介さないメンタルの強さを見せ、2-0で圧勝した。もはや「無限の負け筋を持つ男」の面影は無く、そこには「スマブラの教科書」が復刊していた。

Mistakeとの死闘に全てを出し尽くしたにえとのは、続く敗者側決勝、CaptainZackにウソのようにボロ負けした━━━

ウメブラ第8回のにえとの優勝で幕を開け、EVO2018のにえとの3位で幕を閉じようとしている日本のスマブラ4の競技シーン。昔からにえとのを信じ続けてきたファンや、彼の長きに渡るスランプや貧乏生活などの苦難を知っている者の中には、涙する者も少なくなかった(実際に泣いていた人たちが多く目撃されている)。したらば民達はamazonの欲しいものリストから冷凍ほうれん草を在庫切れになるまで大量に買ってあげて祝福した。


とのさん名言集

「KENさん強すぎた。最後の方何も出来なかった。」
「なんかもうアホって感じだ」
「コンコンに負けて終わり。なんかもうアホって感じ。」
「ダバズレオに処られて終わりました」
「シングル64?ダブルス12という結果で終わりです。悲しい」
「ファッキンなんちゃらってなんですか?」
「んー、良くないことをしてしまったな。反省」
「今回何もいいとこなくて終わった。ただのお荷物だったわ」
「次かめめ…」
「一試合目やらかして二試合目は事件起きて無理だった…」
「表かめめ裏アトリエさんに負けてベスト12?」
「結構噛み合ってない感じあったけどそれ以前に死に方悪すぎた」
「空中回避見てたのに狩れなすぎたのとちょっと攻めすぎたかな」
「復帰阻止の練習したいけどオンラインで出来る気しないな・・・」
「初夢は病院行こうとして寝坊して気づいたら18時で病院にも行けないわ、その日昼からオフだったのにオフ参加者にも迷惑をかけるわっていうやらかした夢」
「最近トナメ運悪すぎるぞ!!!!」
「負けた」
「これからはちゃんと対戦前にアップします。」
「操作精度マジで終わってる。64で終わり!!」
「夜行バスのせいか体調ゲロ悪いけどなんとか予選は1位通過…本戦頑張ろう…」
「力及ばず…」
「1戦目安定択あるのにアホして死んだのほんとうに無いなぁ…」
「ベスト6で終わり…後5つは順位上げるつもりだったから不甲斐ない…」
「切り替えて次のG4頑張ります!!」
「手も足も感覚無い」
「無事バス乗れた。足が凍えてる…流石に雪の中裸足でクロックスは駄目だった…」
「今期のスマメイトはやるか」
「俺のポイント低すぎて遂にシードじゃなくなった」
「敗者側かめめに負けて終わり!!」
「明日に支障をきたさないことを切実に願います」
「マジで萎えた。ここ最近での一番の萎え」
「最後グダッてしまった…手が思うように全然動かなかったけど何とかなった…頭は正常だけど…」
「後マスクしながら深呼吸したら眼鏡曇って焦った」
「んー、動き悪い。ほんとに最低限の仕事しか出来てない。」
「ESAMMVDに負けてベスト12だ…シングル頑張ります」
「甘えた…」
「動きは悪く無いんだけどプレッシャーで甘えてしまったのは反省。逆に甘えなければ全然勝てたとポジティブにいきます。」
「最後の2戦下手すぎました…ベスト48で終了です…マジで申し訳ないです…」
「1戦目も3戦目も負け方すげー悲しい感じだったけど敗者側頑張れるのだろうか…」
「外出たつもりだったんだよ…またもや9Bさんに負けてベスト8でした…ほんとに応援してくれてる皆さんには申し訳ないです…」
「クラウド、ソニック、ベヨかぁ…なるほど!」
「たけらさんに負けて終わった…ギャラリーに腹立ってしまったのとDDとかいうキャラに逃げてしまったのが駄目だった…」
「ちなみにギャラリーは全く悪くないよ。悪いのは俺の精神力」

とのさん逆転負け集

・ウメブラJMでのT戦において、ガードが削られ普通には何を食らっても撃墜されない状況でガードを選択しシールドブレイク、あえなく最大ホールド横スマッシュで撃墜され敗北。動画
・同じくウメブラJMでのかめめ戦において、相打ちとなりかめめシークが上バースト、にえとのシークは跳魚緩和で確定で生き残れる場面だったが唯一の負け筋である横Bが暴発して加速、バーストして敗北。動画
・Genesis4のJavi戦において、有利状況から少し追いつかれ場外に出された際に焦りから空中ジャンプを潰され敗北。なおこの際怒りのあまり腿にパンチをしてしまいJaviを気まずくさせたが、一瞬後には満面の笑顔を浮かべ固い握手を交わし、プロらしさを見せた。(通称:腿パン)動画
・Nairo来日時に0%の状態でプププランド中央台のゼロサムに掴まれ即上Bですっぽ抜けバーストし敗北。
・登竜門決勝のキリハラ戦でコンボの〆を鉈か釣魚か迷った結果、空下が暴発し自滅。動画
・CEOのsaj戦にて、有利状況で暴発したフリップによって崖外へ、そのまま復帰阻止され逆転負け。動画
・安定の急降下動画動画
・15秒で捨て身。動画
・復活して3秒でメテオを受けて死。動画
・公式大会で目の前にあるボム兵を取ろうとしたところ攻撃してしまい自爆してバースト

「博多は北海道」

25歳にもなって博多は北海道にあると思っていたことがウメブラ32の放送で発覚した。

(文字起こし)
なまーたしゅーとんとさっきトイレで会ったんです。『今日なにで来たの?』(って尋ねたら)、『飛行機』って。」
にえとの「むしろなんか飛行機以外でどうやって来るの?」
なまーた「新幹線あるじゃん。」
にえとの「新幹線って、一回船使って新幹線使わなきゃだめだから・・・だいぶ面倒くさいんじゃないの?」
なまーた「そうなの?」
にえとの「多分そうなんじゃないの?」
なまーた「え?」
にえとの「え?」
にえとの「九州でしょ?しゅーとんさん。」
なまーた「でもあそこ通ってるでしょ。だって東海道新幹線、博多まで行くくね?」
にえとの「え?」
にえとの「それは地下・・・地下じゃねえや、海の中をこう、地下をこう、通ってるからで・・・九州にはこれ無いんじゃないの?トンネルが。」
なまーた「ブフォwそんなことないでしょ。」
にえとの「え?そうなの?」
なまーた「東京から博多行き新幹線あんじゃん。」

にえとのいや、博多は北海道だから、あるんだよ。北海道はでかいからさ?

なまーた「・・・博多は福岡ですけど。」
にえとの「あれ?」
なまーた「みなさーん!みなさーん!配信をご覧のみなさーん!今のききましたかー?ヤバイですよーこの人ー!中学地理やってませーん!」
にえとの「やってますやってます。受けてます自分。」
なまーた「いやほんとね、今俺が頭おかしくなったのかと。何言ってるの君?」

(対戦開始)
にえとの「・・・はい、やっていきましょう。」
なまーた「やべーんだよなコイツほんとに。」

(対戦終了後)
にえとの「いや俺、(なまーたは)何言ってんのかな?って思ったもん最初。」
なまーた「こっちのセリフじゃん本当に。」
にえとの「ねーよと思って、(なまーたが九州を)北海道と間違えてんじゃねえか?とずっと思って。」




外部リンク


  • 最終更新:2019-12-30 11:40:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード